焼肉店の看板のページ

トップ > 施工事例・実績 > 焼肉店の看板
当社が施工した焼肉店の看板の写真を集めてみました。
ご参考になれば幸いです。
最新施工例







焼肉店の看板によく使用される色は、下の図のように赤地に黒文字、白文字、白ふちどりの黒文字、または黒地に白文字、赤文字など、赤×黒×白の組み合わせが圧倒的に多いです。
新鮮なお肉、そして熱された焼き網、炭火の赤、黒い炭、白い皿と焼肉から連想される色だからです。

【 赤×黒×白の配色サンプル 】
イメージに合う色を使用するということはとても大切で、たとえば遠くから看板を見た場合、文字を読むことは不可能でも、看板に使用されている色の組み合わせでそれとなく何のお店か想像することができます。
ちょうどお腹がすいて飲食店を探している人の目にとまるかもしれませんし、よくその場所を通る人には「ここに焼肉店がある」と潜在意識に残します。

もしお店に個性を持たせたいという場合は、オレンジや黄色を使用したデザインにすることもあります。
例えば背景は赤よりのオレンジにして、文字には黒。オレンジと赤は近い色なので、文字に使用するには輪郭がぼやけてしまうので、白や黒で縁取りをするなどの工夫が必要です。またはモチーフなどの模様に赤を使用する場合にはそのままでよいと思います。

高級感を持たせたい場合は黒を多めにしたデザインを使用し、差し色に赤、もしくは赤はあえて使用せず、ゴールドやシルバーを持ってくるという手もあります。

お肉の写真を使用する場合は、写真の周りには黒い背景など彩度の低い色にするとお肉の赤い色が引き立ち、ぐっと美味しそうに見えます。
写真を大きく全面に使用したいという場合は、背景の黒地の余白部分に白抜きで文字を入れるということもできます。
写真の部分と文字の部分で面板を分割し、違う背景色を使うのもいいでしょう。

フォントは力強い筆文字や線の太い角ゴシック体や明朝体のデザインがよく使用されています。判読しやすいようにしつつ、やや高級感を前面に出すことが多いです。
施工例写真集

このページの一番上へ

他の種類の施工事例・実績のページへ

施工の流れへ




その他の看板
サンプルケース付サイン
アンティーク・レトロサイン
フロアサインシート
シェア看板
掲示板サイン
災害対策用サイン

その他のサービス
看板業者様向け
LED化・蛍光灯交換
看板の点検
看板の修理と修復、原状回復
看板の撤去
オプション
看板のレンタル
販売促進
初めての方は
値段・工事の料金
施工の流れ
看板についてのアドバイス
看板とは
看板のメリット・デメリット
よくあるご質問
人気ランキング
施工事例・実績
看板を探そう
お客様の声

Information
会社概要・アクセス
お見積・ご注文
サイトマップ
リンク

このWebサイト上の文章、写真などの著作物の全部、または一部を当サイトの了承なく複製、使用することを禁じます。

(C)Copylight 2002 Ishiyama seisakusho co.,ltd all right reserved

有限会社 石山製作所