スポンサーパネル・記者会見用バックパネルのページ

トップ > スポンサーパネル・記者会見用バックパネル

イージーシステムパネル タペストリー用(マジックテープタイプ)


(3×3)
塩ビパネルやPETやラミネート加工されたオリジナルメディアをマジックテープで簡単装着

(3×3 裏側)

待望の大型 3×4 タイプが新登場!

(3×4)    

サイドカバー取り付けで高級感が一層UP!!

サイドカバー有り

サイドカバー無し
品名 イージーシステムパネル
タペストリー用
(マジックテープタイプ)
素材 本体フレーム:アルミ・プラスチック
重量 7kg
仕様 専用キャリーバック付き
付属マジックテープ
(長さ約20m、幅50mm)
品番 174E-51349
種別 3×3
本体 W2265×D295×H2265
価格 ¥68,500(税抜き)
※本体フレームのみ
品番 174E-51349-2
種別 3×4
本体 W3005×D295×H2265
販売 ¥72,000(税抜き)
※本体フレームのみ

インタビュー/記者会見/展示会ブース/イベント受付など色々なシーンで大活躍のバックパネルです!!
看板と一緒にいかがですか?

品質UP! 骨組を丈夫にしてより強度UP!!

軽量コンパクト。移動の多いイベントにお勧め。

サイドカバー取り付けで高級感が一層UP!!

※ メディアは付属しておりません。
※ メディアの制作も別途承っております。
※ 予告なく仕様変更する場合がございます。





メディアの取付・差し替えはマジックテープ方式なのでとても簡単
【制作メディアサイズ】
 ※サイドカバーの有無によって製作するメディアサイズが違います。ご注意ください。



【組み立て簡単】


※片付ける場合はジョイント部が全て外れているかを確認してから、本体を畳んでください。
ジョイント部が結合されたまま無理に畳むと故障の原因となりますのでご注意ください。

【取扱い上のご注意】
  • イージーシステムパネルが十分に広げられるスペースを確保し、組み立て作業を行なってください。
  • 本製品は屋内展示を対象としています。転倒する可能性がありますので、風の吹き込む場所では使用しないでください。
  • 組み立て及び収納の際はジョイント部に力を入れると破損する可能性がありますのでご注意ください。
  • 組み立て・収納の際は安全の為必ず手袋などを着用して2人以上で作業を行ってください。

このページの一番上へ

大型インタビューバックボード ウォーリー


ウォーリー2
品番 ウォーリー2
本体 W2260×D300×H2260
素材 フレーム:アルミ
ジョイントパーツ:樹脂製
重量 約9.5kg
仕様 サイドカバーなし
収納バッグ付属
価格 ¥175,000(税抜き)
※ウォーリー本体+収納バッグ+グラフィック
幕製作+送料(北海道・沖縄・離島は別途)
が含まれます。

ウォーリー2S
品番 ウォーリー2S
本体 W2260×D300×H2260
素材 フレーム:アルミ
ジョイントパーツ:樹脂製
重量 約10kg
仕様 サイドカバーあり
収納バッグ付属
価格 ¥205,000(税抜き)
※ウォーリー本体+収納バッグ+グラフィック
幕製作+送料(北海道・沖縄・離島は別途)
が含まれます。

ウォーリー3
品番 ウォーリー3
本体 W3000×D300×H2260
素材 フレーム:アルミ
ジョイントパーツ:樹脂製
重量 約12kg
仕様 サイドカバーなし
収納バッグ付属
価格 ¥222,000(税抜き)
※ウォーリー本体+収納バッグ+グラフィック
幕製作+送料(北海道・沖縄・離島は別途)
が含まれます。

ウォーリー3S
品番 ウォーリー3S
本体 W3000×D300×H2260
素材 フレーム:アルミ
ジョイントパーツ:樹脂製
重量 約12.5kg
仕様 サイドカバーあり
収納バッグ付属
価格 ¥245,000(税抜き)
※ウォーリー本体+収納バッグ+グラフィック
幕製作+送料(北海道・沖縄・離島は別途)
が含まれます。
WALL(壁)+CARRY(運ぶ)=WALLY ウォーリー

こちらのバックパネルは、折りたたんで収納バッグに入れて持ち運びができます。
収納バッグにはキャスターと取っ手がついてさらに持ち運び便利になりました。
継ぎ目のないグラフィック幕が簡単に広げられます。
グラフィック幕はマジックテープで固定しており、差替え可能です。


【注意事項】
  • 本体を広げるときは無理に力を加えると変形、破損する恐れがございますので十分に注意してください(グラフィック幕が本体に引っかかっていないか確認してください)
  • 組立てる際は周囲の安全を十分に確認した上で行ってください
  • 上部のストッパーに手が届かない場合は、バランスに注意しながら本体を少しだけ傾けてストッパーを固定してください
  • 本製品の補修部品販売は行っておりませんので、お取り扱いには十分にご注意ください
  • 本製品は屋内専用(風が吹き込む場所や、人や物がぶつかる場所も避けてください)
  • スチームアイロンを使ってグラフィック幕のシワを伸ばすことができますが、必ず低温でスチームを併用してください(グラフィック幕以外の部分にはアイロンがあたらないように注意してください)
  • 組立てや運搬等における安全管理はお客様でお願い致します(弊社では責任を負いかねますこと予めご了承ください)
  • 仕様は予告無く変更する場合がございます

このページの一番上へ

記者会見の時にスポンサーをアピールする記者会見用バックパネルです。会場の場所や状況に合わせた記者会見用バックパネルをお選びください。既製の記者会見用バックパネルの他にも背面を透明なアクリルにしてシート加工したものも制作可能ですし、サイズもタイプによって別注することができます。記者会見用バックパネルをお探しの方はぜひご相談ください。

置き看板やメニューボード、デジタルサイネージなどの看板と合わせてどうぞ。看板とバックパネルのデザインを統一して会場のトータルコーディネートに。リサイクル看板に限りレンタル(短期貸し)もいたしております。展示会・イベント・店頭販売などにレンタル看板をぜひご利用ください。看板のレンタルのページへ
特注OK!!
サイズや仕様を自由にアレンジできます。バックパネルをお探しの方気軽にご相談ください。 
本体: スチールフレーム(ビス留めのため分解可能)
面板: アルミ複合板+インクジェットシート+スチールフレーム

このページの一番上へ




その他の看板
サンプルケース付サイン
アンティーク・レトロサイン
フロアサインシート
シェア看板
掲示板サイン
災害対策用サイン

その他のサービス
看板業者様向け
LED化・蛍光灯交換
看板の点検
看板の修理と修復、原状回復
看板の撤去
オプション
看板のレンタル
販売促進
初めての方は
値段・工事の料金
施工の流れ
看板についてのアドバイス
看板とは
看板のメリット・デメリット
よくあるご質問
人気ランキング
施工事例・実績
看板を探そう
お客様の声

Information
会社概要・アクセス
お見積・ご注文
サイトマップ
リンク

このWebサイト上の文章、写真などの著作物の全部、または一部を当サイトの了承なく複製、使用することを禁じます。

(C)Copylight 2002 Ishiyama seisakusho co.,ltd all right reserved