すし屋の看板のページ

トップ > 施工事例・実績 > すし屋の看板
当社が施工したすし屋の看板の写真を集めてみました。
ご参考になれば幸いです。
最新施工例





日本の伝統的な食文化を代表するすし屋の看板といえば、やっぱり銘木に黒の筆文字といった和風の看板をまず思い浮かべます。


高級なカウンター式のお寿司屋さんであれば、ケヤキやヒノキといった質のよい銘木に、店名のみをシンプルに。よけいな飾りは一切なく、あまり目立たせずに上品で洗練されている粋なタイプが似合います。歴史があるお店では、開店からずっと同じ木彫サインを掲げていて、見ただけでそのお店の歴史や大事に守ってきたものを感じさせるでしょう。

 

モダンなイメージを打ち出したいという店舗様であれば、筆文字に英語表記を組み合わせたりして現代風にアレンジして、白・黒・グレーのモノトーンでデザインし余白を多く取ってスタイリッシュにすることも出来ます。

 

また、回転寿司などファミリーや若い世代の方も気軽に入れるというコンセプトのすし屋の看板であれば、食欲を増進させる効果のある赤や海を連想させる青などの色味を増やし、海や魚

・海の幸などのイラストや写真を掲載したりして親しみやすい雰囲気を作ることが大切です。お寿司屋さん=値段が高い、敷居が高いというイメージを払拭し、お客様が安心して入れるよ

うに一皿いくらなどメニューを表示するのも集客に効果的です。
施工例写真集


上記の画像を見ても白黒のコントラストは非常に誘目性が高くサイン効果も高いと感じます。

お客様に提供しているお寿司は、長年修行をされ技術を習得し作り続けて磨かれてきた結晶とも言える存在です。食材などの拘り店舗づくりへの想いや技術に対する誇りが非常に強いと思います。
その強い想いは看板にも如実に顕れていると言えます。

拘った手書きの文字、看板の素材への思い。
このように経営者の顔が見えてプライドを感じられる看板はメッセージ性も高く、一見のお客様にも信用を与えることができると思います。

このページの一番上へ

他の種類の施工事例・実績のページへ




その他の看板
サンプルケース付サイン
アンティーク・レトロサイン
フロアサインシート
シェア看板
掲示板サイン
災害対策用サイン

その他のサービス
看板業者様向け
LED化・蛍光灯交換
看板の点検
看板の修理と修復、原状回復
看板の撤去
オプション
看板のレンタル
販売促進
初めての方は
値段・工事の料金
施工の流れ
看板についてのアドバイス
看板とは
看板のメリット・デメリット
よくあるご質問
人気ランキング
施工事例・実績
看板を探そう
お客様の声

Information
会社概要・アクセス
お見積・ご注文
サイトマップ
リンク

このWebサイト上の文章、写真などの著作物の全部、または一部を当サイトの了承なく複製、使用することを禁じます。

(C)Copylight 2002 Ishiyama seisakusho co.,ltd all right reserved