ブティックの看板のページ

トップ > 施工事例・実績 > ブティックの看板
当社が施工したブティックの看板の写真を集めてみました。
ご参考になれば幸いです。
最新施工例

お洒落な衣服やアクセサリー・靴・バッグなどの装飾品、お店によっては高級ブランド品なども扱うブティック。
サインは、お店のコンセプトやオーナー様の想いなどをお客様に伝えると同時に、お店の雰囲気作りの重要な役割を果たす大切なツールのひとつです。
ですので、ブティックのサインは店舗全体のトータルデザインにマッチしていること、お店の世界観が表現できていること、高いデザイン性などが求められます。

テントや垂れ幕は、店舗のトータル的なイメージづくりのアイテムとして、ブティックのサインに好まれます。
また道路に置くタイプのものですと、派手で目立つ電飾タイプの看板より、シンプルでお洒落なイメージのA型サインやT型サインなどが人気です。夜間の営業もある店舗では、電飾の蛍光灯の光ではなく、スポットライトを外部に取り付け、演出するのもよいでしょう。
施工例写真集

ブティック系の看板のデザインは優れたものが多いです。さらにデザインもさることながらサイン性を強めた色彩計画も優れております。

主に基調色・背景色・隠蔽色・演色性を調和させるようデザインし、見事に秩序もって形成されております。

隠蔽色とは周囲の色に紛れてしまい、気づかれにくい効果をもつ色です。保護色に近い意味合いとなります。演色性とはライティングの際に、その照らされた看板がライティングの光源によってどのように見えるかということです。自然光が基準とされます。

色彩と言えば、平成16年12月に景観法が施工されました。今まで各地で独自の景観条例が施工されておりましたが、この独自の景観条例に法的根拠が備わる位置づけとなります。

良好な景観が、地域の文化や歴史や自然やその地域で生活する人々によって形成されると認識されました。それにより地域性が重視されております。

一例では、あるリサイクルショップが赤→あずき色に、彩度の高い色の面積を減らす、広告面積を減らし、文字の量も減らすなどの対応をとりました。

このように景観を考えたデザイン・配色が大切になってきております。

このページの一番上へ

他の種類の施工事例・実績のページへ

施工の流れへ




その他の看板
サンプルケース付サイン
アンティーク・レトロサイン
フロアサインシート
シェア看板
掲示板サイン
災害対策用サイン

その他のサービス
看板業者様向け
LED化・蛍光灯交換
看板の点検
看板の修理と修復、原状回復
看板の撤去
オプション
看板のレンタル
販売促進
初めての方は
値段・工事の料金
施工の流れ
看板についてのアドバイス
看板とは
看板のメリット・デメリット
よくあるご質問
人気ランキング
施工事例・実績
看板を探そう
お客様の声

Information
会社概要・アクセス
お見積・ご注文
サイトマップ
リンク

このWebサイト上の文章、写真などの著作物の全部、または一部を当サイトの了承なく複製、使用することを禁じます。

(C)Copylight 2002 Ishiyama seisakusho co.,ltd all right reserved

有限会社 石山製作所