施工例:素材で選ぶのページ

トップ > 施工例:素材で選ぶ
看板は主に下記のような素材で制作されることが多いです。素材によってメリット・デメリットがありますので要望に合わせた素材を提案いたします。
























鉄にクロム・ニッケルなどを加え酸化しにくく耐食性を強め、非常に錆びにくい金属です。
看板に使用する場合には主にヘアーライン仕上げが一般的です。
まれに鏡面仕上げなどで制作することもあります。錆びにくいため長持ちし看板にも適しておりますが、価格は高くなるのがデメリットとなります。
長く使用すれば割安になりますしイメージが合うなら是非お勧めしたい素材です。

このページの一番上へ

























加工が比較的しやすいので特注制作によく使用されます。
ステンレスに比べ価格も安価ですが、いずれ酸化するため長年使用しますと錆やすいのがデメリットです。
基本的に焼き付け塗装を行うのが一般的です。
錆びやすいとはいえ、多少錆びても使用し続けられますしケレン・再塗装などのメンテナンスをすれば長期に使用できます。

このページの一番上へ



























































硬度があって非常に軽いアルミ、比重は鉄の1/3程度です。
また、錆びにくいため看板のフレームに最も使用されます。
また、既製品の看板はほぼアルミ製と言っても過言ではないと思います。
ただし加工には向いておらず型を使用して成型するため大量生産を行わないと高くついてしまいます。
上記のように安価で軽量で錆びにくいメリットがありますが特注に向いていないデメリットがあります。

このページの一番上へ























プラスチックの一種でアクリル樹脂と言われるものです。
透明度が高く軽量で、加工も容易である程度耐久性もあり、破損時に飛び散らないメリットがあります。
ただし金属に比べれば耐久性は低いため主に看板の面板に使用されます。
また、湿気や外気温によって伸縮するデメリットがあります。

このページの一番上へ



































表裏面にアルミ、芯材には防火性の樹脂を使用した軽くて強い素材です。
また、加工もしやすく耐久性もあり、防火性にも優れ、価格も安いという大変優れた素材で壁面看板などに使用されることが多いです。
伸縮もほぼなく平面性も高いです。

このページの一番上へ









ご存知の通り、材料に使用される木材は様々な種類がありますが一般的に加工性に優れ木目がキレイなため、和風なデザインに使用されることが多いです。
表面をニスなどで加工すれば長く使用でき味わいが出てきます。
防火性には優れておりませんし材料によっては高額になることがございますが集成材など安価な材料もあり様々な選択肢があります。

このページの一番上へ




その他の看板
サンプルケース付サイン
アンティーク・レトロサイン
フロアサインシート
シェア看板
掲示板サイン
災害対策用サイン

その他のサービス
看板業者様向け
LED化・蛍光灯交換
看板の点検
看板の修理と修復、原状回復
看板の撤去
オプション
看板のレンタル
販売促進
初めての方は
値段・工事の料金
施工の流れ
看板についてのアドバイス
看板とは
看板のメリット・デメリット
よくあるご質問
人気ランキング
施工事例・実績
看板を探そう
お客様の声

Information
会社概要・アクセス
お見積・ご注文
サイトマップ
リンク

このWebサイト上の文章、写真などの著作物の全部、または一部を当サイトの了承なく複製、使用することを禁じます。

(C)Copylight 2002 Ishiyama seisakusho co.,ltd all right reserved