看板の修理と修復のページ

看板の修理と修復

トップ > 看板の修理と修復
看板の修理や修復・メンテナンスを行っております。

主に下記の対応を行います。

  • 蛍光灯や電球が点かなくなった時の修理。
    ・・・主に球切れ、グローの故障、配線が断線している、安定器の故障などの理由が考えられます。その内容により金額が変わります。
  • キャスターの修理・交換。
    ・・・移動をよくされる場合、キャスターのねじ山が磨耗して緩んできてしまいます。また、キャスター本体が損傷してきます。そのような場合は新しいものを付け替えるか、使用状況に合った異なるキャスターを選ぶこともできます。
  • 風や車などによって倒され、看板の表示面が割れてしまったときの修復。
    ・・・看板の表示面がアクリルなどの場合、倒れたときに割れてしまうことがございます。表示面だけ直すことにより買い直すよりはコストダウンがはかれます。
  • 本体のフレームが曲がったり・折れたり・歪んでしまった時の修理。
    ・・・程度によりますが、修理可能であればフレームを修理したり部品を交換したり溶接をし直したりして本体を修復いたします。
  • 看板本体のクリーニング作業。
    ・・・長年の風雨などにより看板は汚れて行きます。こまめにクリーニングされた方が宜しいですが、設置場所によりクリーニングできない場合は弊社にお問い合わせください。
  • シート類の再制作・貼り直し。
    ・・・表示したい内容が変わってきた場合に再制作してシートを貼り直すことが可能です。状況によっては上から重ね貼りしたり面板ごと換えてしまうこともございます。
  • 看板本体のフレームがさびてしまった時に錆落とし・塗装を行います。
    ・・・下記を参照してください。


[参考例]

[修繕前]屋外に設置されている看板なので、長期間雨風にさらされ、看板本体の塗装が禿げています。面板は日に焼け汚れていて全体的に色あせた印象です。
→
[修繕後]新しく塗装し、アクリル面板を交換したら見違えるように綺麗になりました。
高価買取を目立たせる為レイアウトの調整をしました。

[修繕前]背面は腐食がかなり進行していました。サビも目立ちます。
→
[修繕後]サビを落とし綺麗に塗装し、部品も一部交換しました。

[修繕後]今までは片面にしか広告面がなかったので、道路の片方の方向から来る人にしか看板が見えませんでしたが、背面にもパネルを取付けたので、どっちの方向からくる人にも見えるようになりました。

[修繕後]横から見た感じです。
看板の修理について
このようなお問い合わせをいただいています。
○○に常設する看板については、ご指定の塩ビ製の板を表装にしたパネルにします。
質問ですが、素材として“塩ビ”が有効なのは、どんな理由でしょうか?
看板修理の件、蛍光灯器具が蛍光灯とグローは標準的なグレード(仕様)のものを想定した価格でしょうか。
当該物件も1年半〜2年後にはテナントさんが全て退去する予定なので、より安価なものがあるのであれば助かります。
ほかのグレードはございますでしょうか。
1年半ぐらい前に設置いただきました○○の整体院の内照式看板で使用されている蛍光管はどのようなサイズのものでしょうか? 
蛍光管が切れているようなので交換したいが費用がかさむようならば自分で交換するのでサイズを教えてほしいとの問い合わせがありましたのでわかるようであれば教えていただけると幸いなのですがいかがでしょうか?
今回の看板は常に水がかかる場所に掲出されるため、素材を含め、どのような方法で看板作成すればよいのかを助言いただけますと幸いです。
既存のものは、プラスチック(?)プレートに文字が彫ってあるような感じで凹部分が赤く塗られています。
看板の製作についてのお問い合わせは
こちらまでお気軽にご相談下さい
03−3842−1470
営業時間 AM9:00〜PM5:30
定休日 日曜(隔週)・祭日

お問い合わせ


この他にもサインのリニューアルや補強など様々な対応いたしておりますのでお気軽にご相談ください。

このページの一番上へ