手書き看板のページ

手書き看板

トップ > 手書き看板


手書き看板とは大きく分けて2種類あります。

1つは手書きした筆文字やマンガやキャラクターなどをデータ化してデザインし、出力して看板に貼り付けするもの。
もう1つは直接看板に書いてしまうものです。

手書きにはとても魅力があり、楽しさ・賑やかさ・温かみ・華やかさなどの人間味あふれる看板ができます。看板の位置部分のみ手書きにしても良いですし、全部を手書きにするのも良いと思います。
より個性的で他に無い看板を作りたいのであれば検討されてはいかがでしょうか。



パターン1 手書き素材をデータ化し出力するタイプ
紙などに書いた文字やキャラクターをスキャナーでPCに取り込み、データ化してデザインに組み込んで、インクジェットシートなどに出力して面板に貼りつけるタイプです。
紙に書いた輪郭だけの素材に、単色やグラデーションで色塗りをしたり、パターンを埋め込んだりと複雑な表現も可能です。 線も太くしたり、筆やクレヨンのタッチに変えたりと応用が効きます。



支給されたデータをもとに色や大きさを変えたレイアウトを何パターンか提案させていただいて、出力する前にデザインを確認できるので、イメージに近い看板が出来て安心です。




パターン2 書いた筆文字を木製看板や提灯に使用するタイプ
手書きで書いた筆文字をもとに媒体に合った手法で製作します。銘木に直接書いたり、彫文字にして立体感を出したり、データ化し商品のパッケージに使用したりと、用途は様々です。当社には専属の筆文字職人がおりますので、イメージに合った筆文字ロゴ制作にも対応しております。

筆文字・ロゴデザインのページはこちら





パターン3 黒板やボードに手書きするタイプ
黒板やボードに手書きしたもの。しょっちゅうメニューが変わる場合にお客様のほうで内容を変えたいという場合にはこちらを。 ホワイトボードやブラックボードもたくさん取り揃えております。

アンティークレトロサインのページはこちら
イーゼル・黒板看板のページはこちら





このページの一番上へ

看板についてのアドバイス
看板とは
看板のメリット・デメリット
よくあるご質問
人気ランキング
施工事例・実績
値段・工事の料金
修理と修復
LED化・蛍光灯交換
販売促進
お見積・ご注文
会社概要・アクセス
お客様の声
看板業者様向け
サイトマップ




このWebサイト上の文章、写真などの著作物の全部、または一部を当サイトの了承なく複製、使用することを禁じます。
(C)Copylight 2002 Ishiyama seisakusho co.,ltd all right reserved