ネオンサイン・ネオン看板のページ

ネオンサイン・ネオン看板

トップ > ネオンサイン・ネオン看板


OPEN FRAME (S)
¥30,000(税抜き)
OPEN FRAME (L)
¥38,000(税抜き)
OPEN (S)
¥19,800(税抜き)
OPEN (M)
¥28,000(税抜き)
OPEN (L)
¥32,000(税抜き) 欠品中
OPEN (LL)
¥38,000(税抜き)
OPEN TV
¥40,000(税抜き)
YES,WE'RE OPEN
¥39,800(税抜き)
OPEN BIG
¥48,000(税抜き) 廃番
SMILE OPEN
¥35,000(税抜き)
WE ARE OPEN
¥38,000(税抜き)
OPEN LIP
¥30,000(税抜き)
Come in WE'RE OPEN
¥45,000(税抜き)
CASHIER
¥48,000(税抜き)
CAFE OPEN
¥32,000(税抜き)
COFFEE OPEN
¥38,000(税抜き)
BAKERY OPEN
¥45,000 (税抜き)
POPCORN
¥48,000 (税抜き)
OPEN BEER
¥48,000 (税抜き)
TIKI BAR
¥48,000 (税抜き)
NEW COCKTAILS
¥32,000 (税抜き)
COCKTAIL 2
¥32,000 (税抜き)
ROCKET DINER
¥38,000 (税抜き)
DINER
¥38,000 (税抜き)
ネオンサインは発色がとても綺麗で魅力的です。発色はよいですがまぶしすぎず、LED化してきている現代でも変わらず人気があります。
アメリカンでレトロなイメージのネオンサインも多く、インテリアやディスプレイとして店舗用に、個人的に使用されます。ネオンサインは、ネオン管と呼ばれる発光する細いガラス管を使って専用のトランスを使用して文字や絵を表示します。色数はさほど多く無いですが組み合せ方によって魅力ある演出が可能です。

ネオン管とは、中にネオンガスやアルゴンガスなどが注入された、電極付きのガラス管で、1〜1.5kvの高電圧をかけることにより発光します。
ガラス管には透明管と着色管があり、ガスそのものの色で発光させる方法やガラス管の内部に色を塗ることにより様々な色を出す方法があります。

ネオン管を専門職人が手作業で曲げていろいろな形に加工してネオンサインが出来上がります。
ネオン管は電源を接続させるだけでは発光しません。ネオントランスが必要になります。
まず一次側から100Vもしくは200Vの電源を供給し、トランス内部で1〜1.5kvまでの電圧を発生させ、そこからネオン管に接続して発光させます。
ネオントランス1台につき1.5mのネオン管を約10本程度まで光らせることが出来ます。


最近ではLEDをつかった看板も多く見かけるようになりましたが、形の自由度や微妙な色のバリエーションではネオン管と比べ、LEDでは表現できないところがあります。
LEDは正面からの視認性は問題ないのですが、角度があると視認性が若干落ちるとされているので、真正面以外の視認性も重視される場合にも、ネオン看板がよく採用されています。
また、価格の面でも最近はLED部材の価格が下がってきたとはいえ、ネオンに比べると割高で、特にバック面を敷き詰めるような大面積に設置する使い方ですと、LED看板では非常にコストがかかってしまいます。


当社では、お客様のご希望やご利用状況に合わせ、導入コスト、環境負荷等についても併せて考慮しながら、最適な方法をご提案しております。 ネオン看板をお探しのかたは、お気軽にご相談ください。

既製品だけではなく、特注製作も承っております。お気軽にご相談ください。

このページの一番上へ

看板についてのアドバイス
看板とは
看板のメリット・デメリット
よくあるご質問
人気ランキング
施工事例・実績

値段・工事の料金
修理と修復
LED化・蛍光灯交換
販売促進

お見積・ご注文
会社概要・アクセス
お客様の声
看板業者様向け
サイトマップ
かんばん劇場 石山製作所 本店






銀座線田原町駅 徒歩5分
つくばエクスプレス浅草駅 徒歩5分
JR上野駅 徒歩15分

このWebサイト上の文章、写真などの著作物の全部、または一部を当サイトの了承なく複製、使用することを禁じます。
(C)Copylight 2002 Ishiyama seisakusho co.,ltd all right reserved