デジタルサイネージ 屋外タイプ 屋内タイプのページ

デジタルサイネージ 屋外タイプ 屋内タイプ

トップ > デジタルサイネージ 屋外タイプ 屋内タイプ
デジタルサイネージ(Digital Signage=電子看板)とは、表示と通信にデジタル技術を活用し、広告やプロモーション映像、さまざまな情報をタイムリーにスピーディーに動画や音声で伝えることのできる広告媒体です。

テレビコマーシャルのように不特定多数の人を対象に同一の内容の広告を流すのではなく、場所や時間帯によって変化するターゲット層に合わせて適切なコンテンツをタイムリーに発信できるのが最大の強みです。

紙のポスターや従来の看板などでは伝えきれない商品の特色・仕様などを動画・音声で瞬時によりリアルに伝えることができます。
動きのある映像広告は通行人の視線を捉え、プリントよりも優れたリアルな表現力が確かな説得力となります。

等身大の液晶画面で、高い訴求力! 視覚効果で売り上げ倍増!
ネイルサロンやエステサロン、ヘアサロンなど施術例を画像や動画を使って紹介することで、より顧客がサービスをイメージしやすくなります。施工者の技術力、サービスの充実、店内の雰囲気などを訴え、他店との差別化をはかります。流行りのスタイル紹介などにも有効です。

飲食店では、湯気をたてる熱々の料理、冷えたグラスに注がれるビールの泡、産地直送のこだわりの新鮮食材など、通行人の視覚に訴え集客力が大きく向上します。

機器の操作の仕方などの静止画では説明が難しかったものも、音声付の動画なら一目瞭然。顧客が実際に自分がその商品を操作している姿をイメージしやすくなり、購買への強力な一押しになります。
タイミングを逃さない、的確でタイムリーな情報配信!
デジタルサイネージでは、ただ同じコンテンツを繰り返すだけのものではなく、場所や時間帯、天候やその他いろいろな条件に合わせ自由にコンテンツを組み替えて放映でき、インターネットなどのネットワークを利用して簡単にコンテンツの更新ができます。

デジタルサイネージのここがすごい!
  1. 期間限定品、今月のイベント情報や新商品の紹介など、そのときに合わせた情報が配信され、タイミングを逃さない情報訴求が可能です。
  2. ランチタイムのメニューやディナータイムの切り替えなど、時間帯によって表示する内容を簡単に切り替え、集客・販促につなげます。
  3. 次回の特売日などの情報を提供することで、顧客は、「次は、いつ来たらお得なのか」ということを知ることができ、次の来店機会への動機となります。
  4. インターネットを活用することで、データを更新するだけで情報の変更ができ、出力して校正する手間がなく、チェーン展開している店舗に同じ番組コンテンツを瞬時に一斉に配信できます。


このページの一番上へ

看板についてのアドバイス
看板とは
看板のメリット・デメリット
よくあるご質問
人気ランキング
施工事例・実績

値段・工事の料金
修理と修復
LED化・蛍光灯交換
販売促進

お見積・ご注文
会社概要・アクセス
お客様の声
看板業者様向け
サイトマップ
かんばん劇場 石山製作所 本店






銀座線田原町駅 徒歩5分
つくばエクスプレス浅草駅 徒歩5分
JR上野駅 徒歩15分

このWebサイト上の文章、写真などの著作物の全部、または一部を当サイトの了承なく複製、使用することを禁じます。
(C)Copylight 2002 Ishiyama seisakusho co.,ltd all right reserved