看板についてのアドバイスのページ

看板についてのアドバイス

トップ > 看板についてのアドバイス
人がお店に入るとき何をみるのでしょうか?・・・・・・・・・
1番はじめに探すのは看板です。
たいていの人は看板を見てお店に入ります。

「一見のお客様は看板を見てお店のイメージを考えます。」
購入を考える前に、今お使いになっている看板を確認しましょう。

〜check1〜
外に出しておくため、非常に汚れます。汚れている看板は掃除をしてさっと拭くだけでだいぶ見違えます。
それだけでも十分の効果があります。車と一緒ですね。

〜check2〜
壊れてないか確認しましょう。壊れている箇所はすぐ直しましょう。壊れている箇所があると、お店のイメージは
”看板も直せないほど予算がない店なのか・・・・”
”壊れてかっこ悪いから他の店にしよう・・・"

この様に思ったことはありませんか? 修理で十分直せる場合もございます。

もう一度確認しましょう!
お店オリジナルのロゴマークを作ることをお勧めします。お店のマークがあったほうがインパクトが違います。
もしご自分でロゴマークが作れなければデザイナーに頼むのもよいでしょう。
当社にはデザイナーはいませんが、創業65年の経験を生かして、多少なりともアドバイス致します。

[例1] [例2]
多数の種類がございます。実際の店舗の写真例にとって見てみましょう。



[写真例1]
  • こちらの店舗では”置き看板” ”袖サイン” ”テント地垂れ幕”を取付致しました。
  • ロゴマークを製作して、取付したサインすべてにロゴマークを入れ、色を統一して一体感をだしています。
    赤はサインにはよく使う色であり、かつ目立ちますが、ロゴマークを入れることにより、店舗の特徴をより引き立てている看板です。
  • 壁面に取り付けるサインでも下記のように7種類、店頭に置くサインは7種類ございます。
  • よく検討して、お客様の目を引く看板を選びましょう。





[写真例2]
  • こちらの店舗では”置き看板” ”突き出しサイン” ”垂れ幕・懸垂幕” ”イーゼル”を取付致しました。
  • ロゴマークを製作して、取付したサインすべてにロゴマークを入れています。
  • 色は統一されていません。逆に色を反転させることにより、サインを引き立たせる上級テクニックと言えるでしょう。
  • サインと文字のイメージからすると高級店のイメージがしますので、料金を知らせる”メニュースタンド”を置いてお客様を安心させています。
  • 壁面に取り付けるタイプのサインでも下記のように7種類、店頭に置くタイプのサインは7種類ございます。
  • よく検討して、お客様の目を引く看板を選びましょう。
看板はお客様に自分のお店を知らせるため、そしてお店のイメージをお客様に伝える
重要な店舗用品です。看板なしでは商売になりません。ちょっとした小さな看板でも
売上大幅UPになったお店もございます.。 看板のことなら何でもご相談ください。

私達と一緒に繁盛店を作りあげて行きましょう!!

看板施工の流れのページはこちら

値段・工事の料金のページはこちら

このページの一番上へ

看板についてのアドバイス
看板とは
看板のメリット・デメリット
よくあるご質問
人気ランキング
施工例
値段・工事の料金
修理と修復
LED化・蛍光灯交換
販売促進
お見積・ご注文
会社概要・アクセス
お客様の声
看板業者様向け
サイトマップ


このWebサイト上の文章、写真などの著作物の全部、または一部を当サイトの了承なく複製、使用することを禁じます。
(C)Copylight 2002 Ishiyama seisakusho co.,ltd all right reserved