太陽光発電の標識・看板のページ

太陽光発電の標識・看板

トップ > 太陽光発電の標識・看板

20kW以上の発電設備では、標識の設置が必ず必要になります


20kW以上の発電設備では、標識の設置が必ず必要になります
平成29年4月1日より再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)が改正されることになりました。
法改正により、設備認定制度も変更され、これまで設置された発電設備これから設置する発電設備含め、新たな認定基準が設定されました。

再生可能エネルギー発電事業の実施において遵守する事項として、「発電設備の外側の見えやすい場所に標識を掲示すること(20kW以上)」とあります。

遵守する事項ですので、守らなかった場合は認定条件を満たさないことになり、最悪の場合事業計画認定の取り消しもありえます。

実施事項の1つ、20kW以上で義務となる設備標識の設置、立入看板の製作販売を当社では行っております。
10kW以上の設備においての遵守事項
  • 発電設備を適切に保守・点検及び維持管理する事
  • 関係のないものが、発電設備にみだりに近づくことがないようにすること
  • 国が定める指針に基づいた出力抑制の要請に協力する事
  • 発電設備の外側の見えやすい場所に標識を掲示すること(20kW以上)
  • 発電設備を処分する際には関係法令を遵守し適切に行う事
  • 発電事業に関する情報について正確に提供する事
  • 発電事業を実施するにあたり関係法令(条例含む)の規定を遵守する事

当社では、こちらの2つめと4つめの事項に関係する標識の制作を承っております。
標識に記載する内容について

事業計画策定ガイドライン(太陽光発電)には、以下の項目を必ず記載すること、とあります。

  • 再生可能エネルギー発電設備の区分
  • 設備名称
  • 設備ID
  • 設備所在地
  • 発電出力
  • 再生可能エネルギー発電事業者名、住所
  • 保守点検責任者名
  • 連絡先
  • 運転開始年月日



注文はこちら 

このページの一番上へ

看板についてのアドバイス
看板とは
看板のメリット・デメリット
よくあるご質問
人気ランキング
施工事例・実績
値段・工事の料金
修理と修復
LED化・蛍光灯交換
販売促進
お見積・ご注文
会社概要・アクセス
お客様の声
看板業者様向け
サイトマップ




このWebサイト上の文章、写真などの著作物の全部、または一部を当サイトの了承なく複製、使用することを禁じます。
(C)Copylight 2002 Ishiyama seisakusho co.,ltd all right reserved