看板とはのページ

看板とは

トップ > 看板とは
看板とサインの違い
看板とサインの意味を辞書で調べてみましょう。
看板の意味
  1. 宣伝や広告を目的として使用されるもので、商店などが屋号や、取扱い商品名、営業種目、キャッチコピー などを書いて通行人の目にとまる所に掲げておく板状の広告標識。
    映画館・劇場などで、演目・俳優名などを書いて表に掲げるもの。
  2. 社会的に信用を得ている店の屋号。その店の伝統、信用。「―を借りる」「店の―にかかわる」「―に傷がつく」「―が泣く」
  3. 人の注意や関心を引きつけるのに有効な客寄せになるもの。外観。また、表向きの名目。見せかけ。 「―と実態に差がある」 「安売りが―の店」
  4. 《店じまいの際に看板や暖簾を外すところから》閉店。特に、飲食店・酒場などがその日の営業を終えること。「そろそろ―にしよう」
  5. 武家奉公人の中間(ちゅうげん)・小者(こもの)などが仕着せとした短い上着。はっぴ。背や襟に主家の屋号や紋所などを染め出したもの。「紺―に一本差しの立ち姿」
    
サイン(sign)の意味
  1. 本人が自分の氏名を自筆で書くこと。署名。英語では「署名」と名詞で用いる場合はsignatureになる。「こちらに―をお願いいたします」
  2. 芸能人やスポーツ選手などの有名人がファンのために自分の名前を色紙やグッズに書くこと。英語ではautograph。「空港で一般人に囲まれ―をねだられる」
  3. 信号。標識。目じるし。符号。「負の符号 minus sign」「案内標識 The signs」
  4. スポーツで、プレーの指示などの合図。シグナル。「監督が選手に―を送る」
  5. 兆候。あらわれ。印。きざし。
  6. 神様のお告げ。おしるし。
このように定義されると「サイン」は見る者に対し、何らかの情報を伝える、すなわちコミュニケーションであり、「看板」とは情報を伝えるための(コミュニケーションのための)表示物、媒体という定義になると思います。

いかかでしょうか。
ここでは以上より看板の基本的な目的は「信号や告知を行い人の注意や関心を引きつけるのに有効なもの」であるとします。

このページの一番上へ

看板についてのアドバイス
看板とは
看板のメリット・デメリット
よくあるご質問
人気ランキング
施工事例・実績
値段・工事の料金
修理と修復
LED化・蛍光灯交換
販売促進
お見積・ご注文
会社概要・アクセス
お客様の声
看板業者様向け
サイトマップ




このWebサイト上の文章、写真などの著作物の全部、または一部を当サイトの了承なく複製、使用することを禁じます。
(C)Copylight 2002 Ishiyama seisakusho co.,ltd all right reserved