看板の原状回復工事のページ

看板の原状回復工事

トップ > 看板の原状回復工事
原状回復工事とは借りていた店舗の看板部分を借りる前の状態に戻すことを指します。
 → 

 → 

 → 




借りていた店舗を返す際、基本的に原状回復義務があり、移転や退去の時に契約前の状態に戻さなくてはなりません。
これは契約解除の効果として発生する義務となります。

原状回復工事では主に下記の対応を行います。

サインやガラスの表示面(アクリル板やアルミ複合板)に貼られた出力シートやカッティングシートの剥がしを行います。

長年の使用で汚れが目立つ場合や面板が日焼けしてしまっている場合は、表示面の面板ごと交換します。

看板本体を取り付けた場合には丸ごと撤去したりすることも多いです。

外壁の塗装がはがれてしまう場合は塗装をしなおすこともあります。

どのパターンにするはその建物の管理会社やオーナー様にご相談してみてください。

このページの一番上へ

看板についてのアドバイス
看板とは
看板のメリット・デメリット
よくあるご質問
人気ランキング
施工事例・実績

値段・工事の料金
修理と修復
LED化・蛍光灯交換
販売促進

お見積・ご注文
会社概要・アクセス
お客様の声
看板業者様向け
サイトマップ
かんばん劇場 石山製作所 本店






銀座線田原町駅 徒歩5分
つくばエクスプレス浅草駅 徒歩5分
JR上野駅 徒歩15分

このWebサイト上の文章、写真などの著作物の全部、または一部を当サイトの了承なく複製、使用することを禁じます。
(C)Copylight 2002 Ishiyama seisakusho co.,ltd all right reserved